• 販売店
  • 代理店
  • オンラインショップ
  • スタッフ募集

レーシングハーネス取付最良事例

2021-12-06

FIAが示すレーシングハーネスの取付最良事例

 

ドライバーが対戦に乗り出す前に、まずセーフティハーネスを正しい方法で固定する必要があります。これは、事故時にドライバーを保護する重要な要素の1つになります。

セーフティハーネスが最適な保護を提供することを保証するために、競技者は付録JのFIA国際スポーツコードまたは選手権技術規則で指定されているセーフティハーネスの取り付けに関する最優良事例に従う必要があります。

 

シングルシーター、スポーツカー、およびクローズドコックピットの競技車のドライバー(またはコ・ドライバー)は、重傷または致命傷を防ぐために、対戦前にはセーフティハーネスの位置を確認する必要があります。

 

ドライバーおよび/またはコ・ドライバーがセーフティハーネスを適切に取り付けていない場合、役員は競技への参加を拒否することができます。以下の手順に従って、セーフティハーネスが正しく取り付けられていることを確認できます。

 

1-骨盤/腸骨稜領域に関連する正しいバックル位置

ラップストラップは、骨盤稜と大腿上部の間の屈曲部にしっかりとはまる必要があります。いかなる条件下でも、腹部の領域に着用してはなりません。ラップストラップとクロッチストラップは、骨盤領域を可能な限り最大の表面に保持する必要があります。

 

 

2 –セーフティハーネスの固定ポイント

セーフティハーネスストラップは、付録JのFIA国際スポーツコードまたはチャンピオンシップ技術規則に従って固定することが重要です。

セーフティハーネスをシートまたはそのサポートに固定することは禁止されています。これは、事故の際にシートの固定部分が故障した場合に、ドライバーがシートとハーネスと一緒に投げ出されないようにするためです。

競技者は、付録Jまたは/およびチャンピオンシップの技術規則に注意してください。下記のポイント5に記載されている推奨ストラップ角度でハーネスを取り付けることを許可するための規則があります。

 

3-セーフティハーネスストラップのルーティング

ショルダーストラップ、ラップストラップ、クロッチストラップは、肩と骨盤の領域を可能な限り最大の表面に巻き付けて保持するために、専用のシートスロットを通過する必要があります。ハーネスの帯ひもがシートスロットの端にストレスを与えないように、すべてのストラップはシートスロットを不自由なく通過する必要があります。

 

鋭いエッジとの摩擦によってストラップが損傷しないように注意する必要があります。

 

4 –セーフティハーネスバックルの周りの自由なボリューム

運転中にセーフティハーネスが勝手に開かないようにするには、ステアリングとセーフティハーネスのバックルまでのの距離を確認する必要があります。ステアリングホイールを左右に180度動かす間、手は常にバックルのレバーから安全な距離にある必要があります。

 

5-セーフティハーネスの取り付け

セーフティハーネスは、FIA国際スポーツコード付録Jまたはチャンピオンシップ技術規則に従って取り付ける必要がありますが、可能な限り、以下に示す角度にできるだけ近づける必要があります。

6-セーフティハーネスの張り

FIA安全部門が実施した調査によると、セーフティハーネスの張力は、重傷のリスクを軽減し、フロントヘッドレスト(FHR)デバイスが正しく機能するために重要であることが示されています。したがって、競技者は常にセーフティハーネスを適切に締めておくことが重要です。

7-セーフティハーネスとフロントヘッドレストデバイス間の相互作用

フロントヘッドレスト(FHR)デバイスは、正面衝突または斜め正面衝突時にドライバーの頭を拘束し、頭と首への負荷を軽減します。 FHRデバイスによって提供される最大限の保護を得るには、レース競技でのHANS / Hybrid&HybridProデバイスのFIAガイドおよび取り付け仕様に従って安全ハーネスを取り付けることが重要です。

 

ページトップ